シミュレーションゲーム

「我が天下」レビューと攻略のコツを紹介

(サムネイル画像出典元:https://3kingdoms.bekko.com/zdjs/ja-jp/

ゲームの紹介


「我が天下」は、JEDI GAMESが開発・提供するオンライン歴史シミュレーションゲーム。

東漢末期の群雄割拠の中国大陸で熾烈を極める国盗り合戦。

さて、今回の局は誰が天下統一を果たすのか。短期決戦で勝利を決めよう。

実際に遊んでみたから本作の魅力と特徴を紹介していくよ!

おすすめポイント!

・全世界のプレイヤーが同じ時間帯で同じ大地で天下統一を目指すリアルタイムストラテジー!

・三国時代の中国大陸において主君となり、内政を整え、勢力を拡大し、天下統一を果たそう!

・敵の城&戦況を観察して戦略を練ろ!手薄になったところで一気に攻める!

・同盟を組んで一緒に天下を取るのもあり!仲間との協力プレイも楽しめる!

・簡単な内政で国を豊かに!城を攻め落として占領し、武将たちを支える様々な施設を建設しよう!

ゲームレビュー

平均4日間の短期バトル。城を制圧して天下統一を目指せ

本作は中国大陸を舞台に繰り広げられる国盗り合戦がテーマ。

城を10個または制限時間内により多くの城を保有しているプレイヤーの勝利となる天下統一物語で、

一般的なSLGとは違って、1つの局(試合)は約96時間、日にちにして4日間という短いスパンの中で勝敗が決します。

誰かが天下を統一したらその局が終了し、次の局へ移動というSLGからは想像できないサクサク具合。

戦況はリアルタイムで進んでいき、城を取って取られの攻防はまさに白熱戦の数々。

自分の城を拠点に勢力を拡大し、他のプレイヤーがつけいる隙のないスピードと戦略で天下統一を果たそうぞ。

4日間という短い期間での国盗り合戦。兵を動員して城を占領し、敵の侵略を防ぐ作戦も同時に遂行しよう!この戦略飛び交うバトル、はまるとまじで抜け出せない!

自陣で内政を整え、兵を動員して城を攻めるか、はたまた守るか

本作のSLGは少し変わっていて、内政で建てたりレベルアップした施設はその局のみ効果を発揮。つまり、局が変わればまた1から内政を進めていくというシステムだ

自陣の城では内政を進め、兵を増やす「住宅」、銅銭を生産する「市」、食糧を生産する「農地」の3つを中心に施設を建設していきます。

施設はレベルアップすることでさらに生産量が増え、「太守府」をレベルアップさせると城の防御力が上昇します。

兵は武将のHPのようなもの。住宅で兵を量産すればその分部隊が強力になるぞ

施設を建設し、兵を集め、リーダーとなる武将も十分にそろえばいざ出陣の時。

出陣できる部隊の数は6が基本で、各武将に兵を割り当てて部隊を編成。

全ての武将に兵をつけ、全員で同時に複数の城を攻めれば領地が一気に増える可能性がアップしますが、

フィールドには他のプレイヤーもいることを忘れていると、駐屯兵がいない間に自分の城を狙われるなんてことにもなりかねません。

偵察は攻撃の時以外に自陣の周りの状況を確かめたいときにも利用できる。このときは兵力が高い敵城が近くにあるのを偵察で調べておいてよかった。武将を何人か残しておこう。

そのため城を攻めるときは必ず周辺の城の状況を確認するとともに、「偵察」をうまく活用するのがおすすめ。

城を偵察することでその城の兵力や防御力、駐屯している武将の数などが把握でき、戦略の練り直しが可能。

「もし自分の拠点の近くに兵力が高い城がある場合は、武将を何人か自陣に駐屯させて防御を固めた方がいいかもね」

というようなことを頭でぐるぐる考えているとこのゲームのドツボにはまっていくってわけですぜ。おもしれえ。

自陣で施設を建設し、内政を整えて兵力を増強。周りの状況を把握し、攻めるべきタイミングや防御に専念したほうがいいのか、どの武将で攻めるべきなのかなど、戦略性が止まらない止まらない!

武将を育成して戦力増強を図ろう

武将はゲームを進めているだけでは入手ができず、必ずガチャから獲得するもの。

各武将にはレベルやスキル、装備を付けることができ、動員できる兵士数や戦力が大幅にアップします。

経験値は他の城を攻めることで獲得でき、好きな武将に好きなだけ経験値を割り振ることが可能となっており、

ランクが高い武将に極端に振ってもいいし、すべての武将にまんべんなく振り分けるのでも良し。

また装備をつけることで武将のステータスが上がり、装備は強化することでさらに大きな効果を発揮します。

装備はショップから購入が可能で、城の占領で手に入る「銀」で手に入れることができます。

武将のレベルもそうですが、装備も武将の育成には欠かせない要素なので購入しておきましょう。

ちなみに局が終わればその局で保有していた城や施設はすべてリセットされますが、育成した武将は次も持ち越されるのでご安心を。

武将を育成してさらに戦力をアップすれば勝利する確率も上がってくる!城を攻め落として経験値を獲得し、さらに獲得した資源で装備を購入しよう!

ゲームの流れ

時代背景

時は東漢末期の群雄割拠の最中。

主君であるプレイヤーもその渦中へと巻き込まれ、天下統一戦いに参加することになる。

チュートリアル局でゲームに慣れる

ゲームの序盤は他のプレイヤーが存在しないフィールドでのチュートリアル的なもの。

ここでこのゲームのルールや戦い方を学びつつ、武将を集めて育成していこう。

局の序盤は自分の陣地はひとつで、周りの城や領地を攻めて占領することで勢力を拡大していく。

占領した領地では新たに施設を建設でき、領地が増え、施設が増設されていくとその分食糧や銅銭の獲得量も増えていく。

武将が多いほど編成できる部隊も増え、同時に複数の城を攻めることもできる。

序盤の練習局では防御はあまり深く考えずにどんどん攻めていくのがいいかも。

クイズに答えてゲームを深く理解

ゲームではクイズが出題されることがあり、それぞれの施設の役割や大まかなルールの確認など、

あまり理解できていなかったところを深堀してくれるからけっこう助かる。

他のプレイヤーと国盗り開始

チュートリアルとは規模が違いすぎる。この盤面を制するのは果たして・・・

練習局が終わればいよいよ他のプレイヤーとマッチングしての本格的な天下統一乱戦バトルが始まる。

西暦184年から始まり、280年になると戦局が終了。

ゲーム内の1年は現実世界の1時間に相当し、96時間で勝負が決まる。

局では少数のプレイヤーでマッチングして城を奪い合うもので、世界が相手とかじゃないし、

同じランクのプレイヤー同士がマッチングするからしり込みする必要もまったくなし。

局ではソロで天下統一を狙ってもいいし、同盟を組んで一緒に戦うのもありだ。

バトル

城に侵攻するとバトルを俯瞰で見ることができる。

残念ながら迫力あるかと言われればそうではないが、スキル発動時はけっこうかっこいい。

敵勢力を倒し、城を崩落させられればこっちの勝ちだ。

負けても次がある

たとえその局で負けたとしてもペナルティはなく、次に切り替えていこうというスタイル。

そのため、局の途中で「これは勝つの無理だな」と思ったら次の局のために武将の育成に専念するなど次を見据えて作戦を立て始めるのもありだ。

ゲーム序盤攻略のコツ

小玉の指示に従ってミッションを制覇

序盤の練習局では「小玉」が補佐役として主君を導いてくれる。

小玉の指示はミッションになっていて、クリアすれば報酬を獲得できるので彼女の指示に従って進めていこう。

けっこう詳しく教えてくれるから迷うこともないはずだ。

計略を使って戦況をひっくり返せ

ブーストは重要アイテム

「計略」を使うと、兵を瞬時に1万増加させるものや施設を即座にレベルアップさせるものなどのブーストアイテムを前借して獲得できる。

行軍時間短縮や、食糧がすぐに欲しいときなんかはこのブーストアイテムを使うことが重要になってくる。

使用するタイミングによっては勝敗を左右することもあるんだぜ。

ゲームの特徴!

  • 群雄割拠の中国大陸で天下統一をかけた熾烈を極める戦い!
  • 100以上の城と地形が三国風景を再現!
  • 全世界で1000万ダウンロード突破!はまると抜け出せないゲームシステム!
  • 1人で天下統一を目指すのか、はたまた同盟を組んで協力するか、または次の局に向けて準備を進めるのか、智略と戦略が問われる!
  • 一局ではゲームは終わらない!積み重ねた経験と合戦が新たな時代を築き上げる!
  • リアルタイムで変化する戦況!他のプレイヤーの状況をよく観察し、攻め落とすタイミングを見計らおう!
  • 内政システムは極めてシンプル!兵を集め銅銭と食糧を確保して部隊を整えろ!

ゲームの概要

アプリ名 我が天下
ジャンル シミュレーションゲーム
配信日 2017年5月18日
販売元 JEDI GAMES
基本プレイ 無料